カテゴリー:花粉症グッズの記事一覧

カテゴリー:花粉症グッズ
眠くならない花粉症の薬

花粉症の薬って、飲むと眠くなりますよね。

私も花粉症で薬を飲み始めてから、昼間に猛烈に眠くなるので苦労しています。

花粉症で眠くなるのは花粉症の薬が「抗ヒスタミン薬」であるためです。

抗ヒスタミン薬というのは、白血球から出るヒスタミンという物質をおさえる薬のことです。

ヒスタミンには、かゆみ、鼻水、くしゃみを起こす作用があります。

これをおさえるのが抗ヒスタミン薬。

そもそも、ヒスタミンというのは、鼻水やくしゃみを引き起こすためのもの。

だから嫌われがちです。

でも、ヒスタミンにはほかにも作用があります。たとえば以下のような作用です。

★脳を覚醒させる作用
★学習と記憶を高める作用
★食欲を低下させる作用
★ストレスによる過剰反応を抑える作用
★けいれんをおさえる作用。

 

evitaochel / Pixabay

 

私たちの体にとって、悪くもないな、と思える作用がありますよね。

抗ヒスタミン薬を飲むと、このようなヒスタミンの作用をすべておさえてしまうため、下記のような効果が出てきます。

★眠くなって活動性が落ちる
★痛み、かゆみがおさえられる
★食欲が増える
★けいれんを起こしやすくなる

 

 

 

抗ヒスタミン薬と言っても、眠気の起こりにくい第1世代の薬、眠気をおさえる第2世代の薬の2種類があります。

抗ヒスタミン薬が脳に働くと眠くなります。

そこで、脳へ薬が生きにくいようにしたのが、第2世代の抗ヒスタミン薬です。

「ケトチフェン(ザジテン)」などは、眠くなりやすいといわれています。

第2世代の抗ヒスタミン薬の中で、眠くなりやすい「非鎮静性の抗ヒスタミン薬」は以下の通り。

 

フェキソフィナジン(アレグラ)

眠気の頻度 成人:2.3% 子供:3.2%

自動車を運転するとき、影響を起こしにくい薬だと認められています。

ふつう、抗ヒスタミン薬には添付文書に服用時の自動車運転などに注意するようにという但し書きがあるのですが、アレグラの添付文書にはそれを書いてありません。

 

★ロタラジン(クラリチン)

眠気の頻度 成人:6.35% 子供:3.6%

薬の添付文書に「運転に提供がある」という記載がありません。

服用時の眠気が記載されていないのは、このロタラジン(クラリチン)と、前述のフェキソフィナジン(アレグラ)だけです。

上記2つが、花粉症のための抗ヒスタミン薬の中で、眠気が起こりにくいものです。

そのほか、脳への影響が少ない薬をもう1つ挙げるとすれば、エピナスチン(アレジオン)でしょう。

 

★エピナスチン(アレジオン)

眠気の頻度 錠剤:1.21% 子供:2.89%

これも眠気が起こりにくい花粉症の薬です。

ただ、眠気は起きます。

車の運転等に危険を伴う可能性があると、添付文書に書かれています。

いろいろな花粉症薬がありますが、比較的眠気が起こりにくいのはこのほかに、エバスチン(エバステル)、ベポタスチン(タリオン)、酸セチリジン(ジルテック)などがあります。

しかし眠気には個人差があります。

それに、最初の2つ以外の薬は、飲んでからの車の運転は避けるべきでしょう。

通常の生活で、比較的眠くなりにくいということです。

 

 

花粉症の目のかゆみにラベンダーウォーター

 

花粉症で目がかゆくなるときって、つらいですよね。

思わずかきまくってしまいます。

そのあと、目のまわりがひりひりして、腫れぼったくなりますよね。

かゆみだけでも不愉快なのに、さらに腫れてしまったらさらにつらいですよね。

そういうときにおすすめなのが、ラベンダーウォーターを使ったアイパックです。

 

アロマショップに行くと、よく遮光ビンにアロマが入っていますよね。

これは「芳香蒸留水」と言います。

アロマというと、エッセンシャルオイルをアロマポットで香らせるという活用法がおなじみですね。

でも、アロマポットでの香り以外にも、スキンケアとして、芳香蒸留水を使った方法でも活用できるんですよ。

 

Riala / Pixabay

 

芳香蒸留水というのはエッセンシャルオイルとは違います。

エッセンシャルオイルは、ハーブや木などを蒸留してつくります。

そのとき、一緒に水分が取れるものがあります。その水分を、芳香蒸留水と言います。

 

フローラルウォーターとか、原材料の後に「水」「ウォーター」をつけて読んだりします。

ラベンダーなら、「ラベンダー水」ということですね。「ラベンダーウォーター」とも言います。

 

 

 

エッセンシャルオイルに比べ、芳香蒸留水は、手軽に使えるのが魅力です

香りももちろんいいですよね。エッセンシャルオイルを蒸留するときにとれるためです。

無色透明なので、化粧水として、顔や体に塗ることができます。

アロマテラピーで、自分で化粧水を作る方法がありますよね。でも、あれって、ブレンドするのがめんどうくさかったりするものです。

芳香蒸留水なら、そのままつければいいというところがラクです

 

ラベンダーウォーターは、エッセンシャルオイルのラベンダーみたいなべたつき感はありませんスプレー容器に入れて、シュッと吹きかけるだけで使えます。

顔に付けると、ほんのりとした香りがあります。気分がリラックスできます。

お風呂に入れればアロマ風呂ができますね。

 

そこで、このラベンダーウォーターを花粉症に使ってみます。

花粉症の諸症状には、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがあります。

目のかゆみは、目薬をさしていることが多いですよね。

それに加えて、自宅でラベンダーのアイパックはいかがでしょうか。

不快感が軽減されます。

 

冷たいアイパックは、冷シップと同じ効果があります。

ラベンダーをコットンにしみこませて、まぶたの上に起きて、5分間放置。

これだけです。急性のトラブル対策としても活用できます。

 

スギ花粉症は、季節性のトラブルですよね。そういうときに、ラベンダーで冷たいアイパックをしてみましょう。アイパックで、かゆみによるほてりを鎮められます。

ラベンダーには、お肌をクールダウンする作用があります。

日焼けのほてりにラベンダーを使ったりしますよね。花粉症でも使えます。

花粉症で目に不快感があると、頭全体が火照った感じになりますよね。

ぼーっとして、集中力が落ちることがあります。

目をかいて、そこに傷ができて、ばい菌が入り、ひりひりすることもありますよね。

 

ラベンダーには殺菌効果もありますから、ラベンダーウォーターはおすすめです。

目がすっとして心地よくなり、ラベンダーの癒し効果で気分も落ち着いてきます

 

 

ユーカリは花粉症に効果あり!

 

ユーカリというと、コアラの食べ物というイメージですよね。

動物園にコアラを見に行くと、おいしそうにユーカリを食べています。

このユーカリ、実は花粉症の症状緩和に効くということをご存知でしたか?

先住民のアボリジニは万能薬として使っていたのがユーカリなんです。

鼻にツーンと来る有効成分の1,8-シネオールや、α-テルピネオール、リモネン、α-ピネンなどが含まれています。

すがすがしい香りがする植物ですよね。

 

syahirhakim / Pixabay

 

ユーカリの精油には、消炎・鎮痛作用、殺菌作用があります。

抗ウイルス作用があります。

このことから、花粉症、風邪、虫刺されなどの症状を軽くするとされます。

この時期なら、花粉症や風邪対策としてユーカリを活用するのがいいですよ。

仕事がうまくはかどらなかったり、集中できなかったりするときは、ユーカリを使うと、集中力を高めてくれます。

変化に対して、不安な気持ちでいるときにも、リラックスさせてくれる効果があるのです。

ユーカリの香りで花粉症対策をとりたいのなら、おすすめは精油です。

 

 

ちなみに、熱は使いません。熱を使うと、芳香成分が分解されてしまうかもしれないからです。

ユーカリを使って、アロマバスやアロマシャワーを楽しんだり、お手軽にティッシュアロマ法をしたりしてみるといいでしょう。

このほかにも、寝る前の時間を利用した、かんたんなユーカリ活用法があります。

 

~ユーカリを活用した花粉症対策~

①ユーカリの精油2滴を1~2mlのホホバオイルに加えます。

②あごや胸の上に塗ります。

③寝ます。

こうすると、眠っている間に芳香成分が鼻から吸収されて、起きたときにはスッキリ、鼻づまりが軽くなっていますよ

ぜひためしてみてください。

ただし、まれに皮膚の刺激が起きることがあります。

肌の弱い方は、最初は少しの量から試して、だんだん量を増やしていくようにしましょう。

アロマポット、アロマキャンドルは、精油に熱を加えて芳香成分を出すというものです。

その一方で、ユーカリの香りを活用したいときにお勧めなのが、アロマディフューザーです

 

 

 

毎秒100万回もの振動により、精油をマイクロレベルの超微粒子にして、部屋に拡散させるというもの。

熱を使って、蒸散させないので、オイルの有効成分が失われることはありません。

ユーカリの花粉症対策パワーを、そのまま受け取れるのです

 

アロマディフューザーは、熱を使わないこともいいのですが、タイマーがついているので、アロマテラピーをしているときに眠ってしまってもいいというところがらくです。

ただし、製品によっては、希釈したオイル、フレグランスオイルを混ぜてしまうと、故障してしまうおそれがあります。

故障を防ぐためにも、100%の効果を出すためにも、アロマディフューザーを使う時は、100%エッセンシャルオイルを使うようにしましょう。